Rock Guitarist 岩下千絵のブログ

音楽、創作活動、不思議なこと、健康のこと、日常のこと、

小室さんの会見をYouTubeで見ました。
批判の記事を読んでいて、、
脳機能が戻らない妻と自らも心身ともに病気の夫には
期待にそわなければいけない大量の仕事と介護、、
このご夫婦の大変さを理解するには
同じような体験や想像力や優しさが必要だと思うのですが、
人は自分の興味の対象外についてはおおよそ無知ですし、
相手を思いやる想像力の使い方もその時の気分、
なので何にでも批判はつきものと思います。

少し、私の事ですが、、、
特攻兵、兵士の鎮魂歌として作ったiron birdsを聞いてくださった人達の反応の中で
「日本兵は嫌いだ、怖い」「特攻の曲?宗教にでも入ったか!」とちゃかされたりなど、
何度も傷ついているうちに「知らない、想像しない」ことによる反応があると、
情報が少なかったり、興味が無ければ想像力も膨らまない、
日本は戦争の歴史にフタをして来た教育だった事もある、
なのでこの曲をきっかけに知ってもらいたいと思ったのですが、
「きっかけ」それが
小室さんの会見最後の言葉に同じものを感じました。

彼は人生に於いて罪の意識も多く、そこから気付いた事があるのでしょう、
私も同様ですし、知ったかぶりの毒舌や机上の空論で相手を傷つけて来た経験も反省するばかりで、、。

会見での50分のひとり語りで
「心の支えが必要でした」ということが伝わり、
介護や病気について少しでも届くように、
「自己弁護」と受けとられる事を恐れずじっくり語り、そして、
この会見がきっかけとなり、
微力でもいい方向に響いてくれたらとの願い、
さまざまな経験をされてきた小室さんのひとつひとつの言葉には心がこもっていて
涙する記者さんも多かったと思います。
あれほど多くの人々の心に届く詩を書き続けてきた人でありながら、
罪の意識を抱えた人の言葉、、
想像力を使って聞くほどに批判の言葉を失うのではないか、と思いましたが、、、。
小室さんの会見最後の言葉を書き起こしました。

「最後にひとことだけ、すみませんですが、、僕、、
たったひとりのこんな人間の言論などというので日本であったり、社会が動くとはまったく思っておりませんが、、なんとなくですが
高齢化社会に向けてであったりとか、介護みたいな事の大変さみたいなことであったりとか、それから  社会のこの時代のストレスであったりとか、そういう事に少しづつですけどこの10年で触れて来たなと思っているので、こういったことを発信する事でこの日本もそういったことを皆さんも含めて何かいい方向に、少しでもみなさんがしあわせになる方向に動いてくれたら良いなと心から思っております。微力ですが少し、何か、、響けばいいなと思っております、ありがとうございました」







私とかおちゃんは当時テレビのCMでも人気だった
日光江戸村の「ニャンまげ」のファンでした。
その時ひらめいたのが「ニャンまげ」と「歌織」のコラボです。

さて、どうやったらそれが実現可能か?考えました。。。
で、このコラボがどれほどお互いにwin&winなのかを企画書に書いて
江戸村の広報に営業だー!と、
コント風の企画書を制作、そのコントを紙芝居にして絵も私が描きました。
アポを取り、担当の方の前で企画書を読み上げコントを披露、
ウケてました、笑

「なりふりかまわず」ともよく言われますが、本人は真剣です、
後で思い出して「なりふりかまわずだったわ」と思う事が大半ですが。。
ニャンまげシール、ハンカチなどのおみやげグッズをたくさんいただいて、
二人で園児のようににこにこしながら帰ってきました。

後日、CDの帯にニャンまげのイラストと
「時代村 特別ご優待券」をつけてもオッケーとのお返事が来ました!
さらに「歌織」初LIVEでそのとき披露したコントを実演する為に
「ニャンまげの着ぐるみを貸していただけませんか?」
とお電話しましたらそれも快諾いただきました(無料レンタル)。

宅急便で届き、数日間、部屋の真ん中にあったニャンまげを拝み、。

ニャンまげの「中の人」と歌織のドラムをお願いしたのはナイトホークスの工藤さんです。
歌織とニャンまげのコラボコント無事に終了〜
私達の野望はそのまま日光江戸村の特設ステージでの共演でしたが
残念ながらそこまでは実現しませんでした。

その後、かおちゃんは3人の子供を授かり(父親はにゃんまげの中の人)
まだまだ子育てで大忙しですが最近、17年ぶりに歌織の新曲が出来たので
近いうちに動画でLIVE披露しようと思っております。

テレビのCMは「電通」とか「博報堂」とかのお仕事かもしれませんが、
ひるまず、、、というか、情熱ですかねぇ。。
行動力でイケル時もあると、
行動力もまったく歯が立たない事も数知れずですが、。
ピコ太郎さんも数打ったと言ってましたね、、。

思いついたら行動しながら考える、と、最近誰かが言ってました、
最近は世の中の流れが早くって他人の失敗もその場限りで
次々に次の事へ移って行く感じなので
あまり悩まず恐れず、ポイントは押さえて、挑戦であります♪

当時の証拠写真、笑
IMG_20180115_112701_20180115112718


↑このページのトップヘ