Rock Guitarist 岩下千絵のブログ

音楽、創作活動、不思議なこと、健康のこと、日常のこと、

昨日、私の枕に、朝起きたら目の前ににこやんの頭がありました。
この写真で言うと、奥にワタシが寝ていて先に起きました。
寒くてふとんから出られないにこやんです。

にこやん、まだ寝てるの?
IMG_20171118_094748_20171121223356

「あ〜〜、あなたはもうおきたの?」

うん、にこやん、いつもじょうずに枕使ってるね〜

IMG_20171118_084951_20171121223239

「ふぁ〜〜、いや、それ、ふつうでしょ、」

あ、そうか、、。そろそろ布団、たたみたいんだけどー
IMG_20171118_085012_20171121223310

「ちっ、ちっ、ちっ、、だめ〜〜」

1時間後、にこやん、もうそろそろーーー
IMG_20171118_105152_20171121223410

「(むし、むし、、、)」

ところで土曜日に
お向かいのおばあちゃんが101歳で亡くなりました。
3ヶ月前まで毎日お店番してたんです。
私は毎週土曜日に焼きたてパンを買うので
おばあちゃんと娘さん(80歳)に差し入れしてました。
2週間前に病院にお見舞いに行った時、いつものパンを買って行きました。
クリームパン、レーズンパン、おいもパン。。。
クリームパンを小さくちぎって食べさせてあげたら
「(お礼)何がいいかずっと考えてたんだ、、何がいい?」
「何もいらないよ、いつももらってばかりなんだから〜」
「ずっと考えてたんだ、何がいいかなって、、、」
「おばあちゃんが早く帰って来てお店番するのが何よりだよ」
「なにがいいかなぁ、、、」
そんな問答を繰り返してるうちに二人で泣いてました。
先週の金曜におばあちゃんの娘3人が集まってお見舞い、
翌日、おばあちゃん亡くなりました。
娘さんは毎日夕食時に行ってたのですが
その日は午前中から病院に行ってて、普通に会話してて
そしてすっと逝ってしまったと。。
「ずっと考えてたんだ、何がいいかな、、」って、
おばあちゃんのその気持ち、忘れません、、、
ありがとう、おばあちゃん、、。

見えない世界研究家の私は魂は死なないと考えてます。
私の母は「死んだらおわり」という現実派です。
ですが父が亡くなった時、最期のお別れで母は父に向かって
「お父さん、またね」と言ったのです。

おばあちゃん、今は淋しいけど、またね。
IMG_20171122_092659_20171122092718

今朝はだんごになってました。





とても残念なことがありました。
「iron birds」、この楽曲に対しNGがライブハウス側のスタッフのおひとりから出され、
来月21日のライブは中止になってしまいました。
その方には拒否の理由が他にもいろいろあったようですが、
iron birdsが 「政治のにおいがする楽曲」、と捉えられた事も事実です、、。
 誘ってくださったDJ坂本さんも思いもよらない仲間の反応にびっくりされてました。。
私のメンバー、 青木さんは「鎮魂歌を拒絶するとは、なんだそれ?」
ウルフさんは 「ちえさん、 これは大変で、びっくりしました。あの美しい曲は政治と関係ないと思います。兵士とその家族の辛い定めの思いです。断る人は、理解し難いです。頑張って下さい。 ーウルフ」と言ってます。もちろん、私も同じ思いです。
この歌詞を書くきっかけは彼らの直筆の遺書を読んだ事です。
(参考資料 https://matome.naver.jp/odai/2143887550927042901)
ご説明すればわかっていただけると思い、 坂本さんに以前ブログに書いたものをその方に届けてほしいと メールしました。そして、拒絶の理由を聞かせて欲しいとお伝えしました。
とりあえず来月は中止になってしまいましたが 私としては私の気持ちがその方に届くようにと願っております、、。


*****
戦争になると人は人じゃなくなる、、、

戦後72年を過ぎ、
時代も変化し、人々の感覚も変わっている事を感じます。
戦争の話になると嫌がる人、
日本兵=怖い と、十把一絡げに捉える方も多いです。
確かにあまり過去にこだわりますと未来には進めません。
しかし多くの若者達があまりにも理不尽な死を選択させられ、
そのうえで現在の私達が生きてることを思うと、
過去を忘れる事は出来ません。

世界と私達との考え方は大きく異なりますが、
全ての当事者にとって戦争は悲惨な記憶でしかなく、
あの時代の流れに翻弄させられた多くの若者達の
はかりしれない思いを想像しますと、
彼らに哀悼の気持ちを込めた音楽を製作したい、、、
音楽で表現しきれるような世界ではありませんが、
私達はこの楽曲を世界に届けたいと思いました。
右も左も美化でもありません、兵士への鎮魂歌です。

iron birdsのメロディーが流れて来た時には
生きる事を選べなかった彼らの事を思い出せるように、、、、
多くの方達に聞いていただけることを願っております。
是非お聞きくださいませ。





トリオロックバンド、The Blue Wolfの制作ですが、
メンバー3人とも自分でソロアルバムを作るようなタイプなので
実際、共作に入ってみて、いくら「ナイトホークスファン」という
共通な音楽趣味が合ってても共作制作となればこれがなかなか上手く進まない事が最近わかってきました。。。

もう一度話し合いという事態に。。。

歌織の「Riding on the moonlight」はかおちゃん絶賛練習中♪

来月21日のLIVEは青木さんと私で、ピアノ&ギターです、
デスペラードをやるのでギターアレンジ考え中です♪


http://bar-orbit.com/
12765647_824862577623604_1079315085_o
Tokyo Setagaya-ku Taishido 5-28-9 B1F
03-3411-3810


↑このページのトップヘ