Rock Guitarist 岩下千絵のブログ

音楽、創作活動、不思議なこと、健康のこと、日常のこと、

2014年07月

あいちゃん、
ギター出すからどけて欲しいんですけどー、、、、、
それにしても
いいバランスしてるね〜
しかし、暑苦しいもこもこ、夏は大変だよねぇ。
201407292257001.jpg

「わたし、もこもこなだけで、なかみはほそいから。
 ここ、すずしいのよ。
 あついのはかんがえないことにしてるわ、
 かんがえたところでわたしのもこもこは
 かわらないからね。
 にこやんはさっき
 とぶくろにいったわ」

あら、にこやん、暑い空気って上に行くのよ、
そこ、暑くないの??
201407300921000.jpg

「いまはねー、ここおちつくのね、
 わたしはもう、ぎたーけーすはきらいなの、
 このまえ、なかでねてたら、ばたんっ、って
 ふたがしまって、しんぞうがとびでるいきおいで
 わたしもとびだしたわ、もう、びっくりして
 しぬかとおもったわ!!」

それで最近、ギターケースの蓋開けただけで
にらむのね、嫌いな事に考え集中するのよね、
まったく、あいかわらずのびびりねー、にこやんは。

確かに嫌いな事に集中すると気になるし、
考えなければその事に心は動揺しないよね。。。
でも、この考えないってのがなかなか出来ないんですよね、
にこやんみたいについ、びびったり
鬱々しちゃうわけです。
あいちゃんのように強靭な性格じゃない我々は
やはり、ジョナサン リヴィングストンのように
努力しなければなー、

「普通の人にとってはなんでもないことへの恐怖を
 無視する能力を鍛える」

そうか、これができれば
昨日、パニック障害で電車に乗れなくなったお客さんも
乗れるようになる、、
にこやんも、また、ギターケースの中で
寝られるようになるんだろうな。
そうそう、脳はかんたんにだまされる、という
仕組みを思い出した、
「青い象のことだけは考えないで」
という本に書いてありました。

我が家のパワーバランスは、
あいちゃん、わたし、にこやん、の順だわね。
内弁慶なにこやんは相変わらずわたしとあいちゃんに
噛み付くけどね。

「・・・・・じゃんけんしますか?」
201407221146000.jpg

ジョナサン完成版、読み終えました。

「イリュージョン」ファンにとっては
なんともバックらしい最終章で
にんまりした方が多いのではないでしょうか。

ここでも
「作品は作家の手元を離れたとたんに受け手の物になる」現象が、
五木さんの感想が私と正反対だったからです。

私には「上から目線も」「馬鹿にする」も
まったく感じられなかった。
そう感じた人にはそれがそこに在り、
感じなかった人には無いのです、この正反対な現象って
いつもおもしろいなぁ、と思います。

本当の所はバックに聞かない限り解らない事で、
例え聞いたとしてバックが「そういうつもりはみじんも無かった」
と発言した所で五木さんは「潜在的に何かが在るはずだ」と
感想に発言しての通りに想像するかもしれない。
だから作者が何と言おうと
作品は受け手によって変幻自在なのだなぁ。

そうそう、山田太一さんの名作ドラマ
「早春スケッチブック」を思い出しました。
サラリーマンでぺこぺこしながら真面目に働く父親と
芸術家で「ありきたりなことをするな」とかっこよく
生きてる男を比べて父親を馬鹿にする息子、
最後には一見ださい父親の素敵さが
みんなの中に見えてくるドラマなんですけど、
バックも食べる為に飛ぶかもめたちを
馬鹿にしているわけではなく、
自分の内側から溢れる飛ぶ事への情熱を、
そのための練習をひたすらに続ける、
自分が情熱を持てる物に対しての
「練習」という努力を経験してる人とか、
自分の情熱を探してる人や、
よっしゃーと思ってる人は
やはりそこに惹かれると思うのです。
五木さんも
「読者がそれぞれに自由な想像力の飛翔をたのしまれんことを」と、。
素敵な翻訳でした♪
201407271827000.jpg

朝からムラーズのこの歌声にぐっと来てまして

今日は「かもめのジョナサン最終章」を読もうと思っていて。
昨日、序章だけ読んだら妻の名がレスリーじゃない、、
むむっ???と思い
調べると1999年に離婚していたらしい。。。。
これには驚いた。。。
今まで聞いて来た誰の離婚よりも一番驚いた。

リチャードバックの「イリュージョン」がとにかく大好きで、
最近、新訳が出たけど、それはまったくピンとはずれで、
やはり当時の村上龍さんが訳した「イリュージョン」!!
新訳が出たおかげでまたまた、翻訳家とは責任重大な恐ろしい職業で
あると、この新訳の翻訳家を責めたくなったけど、、
しかし、それも縁なのかな、と思ったり。

かもめのジョナサンは1974年の本も
今回の最終章も五木寛之さん、
やはりファンが多いようでものすごく売れているらしいです。

私は
「かもめのジョナサン」
「イリュージョン」
「翼に乗ったソウルメイト」
    (本題はThe Bridge Across Forever)
「One」

この4冊が私の中のバックで
おまけに後半2冊はバックとレスリーの物語だったので、
この二人のファンである人も多い筈で、
ファンにとってはこの離婚、
ものすごく特別な現象なのです、、、。

今朝はムラーズの歌声にしんみりしたところで、
レスリーがいなくなった後に出版された
最終章を読む、、
今日はいちにち、しんみりの予感。。。

しかし、ムラーズの歌声はつきささります。。

新生姜を買ったのでためしに蜂蜜とお酢で漬けたら
見た目も色もお味も「岩下の新生姜」そっくりになったので
びっくりです。
なーんだ、って感じです。
私が作ったのもまさに本物の岩下の新生姜です♪
201407252110000.jpg

「本物」って
かにとカニかまとか
ギブソンとゴブソンとか、わかりやすいものならこれです!
って言えるけど
芸術や音楽だと難しい、しかし、
ひとそれぞれの「本物」は飽きない、と言えますよね。
たとえひととき飽きたとしても
後日、やっぱりいいな、と思う。

数年前に音楽の魔法を発見して、、
まぁ、単純なことなのですが
ある時、激しい落ち込みで音楽も聞く気にもなれずにいたのだけど、
無意識にステレオをつけたらジムおじいちゃんのギターが
流れて来たのです。その瞬間に鬱々してた気分がぱっと、
「あぁ、おじいちゃん、なんと、素晴らしい!かっこよすぎっ!!」
と感動が止まらない気分にひっくり返ったのです。
曲が終わった後に、自分の気分が一瞬で変わるそのギャップに、
そんなに単純に入れ替わる気分や感情って
これはいったいどういうことなのだろう、と考えてましたら、
鬱々もいつのまにかなくなっていました。
それで、鬱々がまたやってきたときに
音楽を聞き、音が終わると現実に戻るかというと、
気分は少しでも前向きに変化してるのです。
気分転換、って言っちゃえばそれだけのことかもしれませんが、
私にはまるで魔法のように感じられました。
音楽の魔法は音が終わっても心の変化という効果を残す、、
それって音楽は良薬とも言えますね、。
音楽療法ですね。
他にも
夕食でワインなんか飲むときにオスカーのピアノを流すと
同じ時間が、私の部屋が、
一瞬で素敵レストランになったりね。
店舗における BGM効果と一緒ですね。
これも音楽の魔法だと思うのです。
それは楽器を弾くことでも体感します。

「夢も希望も目標も生きがいもやりがいも
 今の俺には何もない、、、」
その状況は想像する私も辛いよ、、
音楽の魔法をちょっと試してみてください。

私がどんな気分の時でも瞬間で魔法にかかる音楽は
たくさんありますが、
このライブのジョンのギターはダントツなのです♪

納豆とかお味噌汁なんかに
ちょっと入れると見た目も綺麗で
いきなりおいしそうになって
味もおいしくなるすぐれものの小ねぎですが、
緑の部分を使ったら
3cmぐらい、ねっこの部分をちっさいガーデンに植えとくと
勝手にそだちます。
料理に色気がなくてまずそうだな、というときに
ぱっと収穫して使えます♪
それも丈夫でどんどん育つので
一度買って育てたら
薬味程度に使う分は数ヶ月、買わなくて大丈夫なんです。
現在のこねぎちゃん、約15cm。
201407220718000.jpg

日曜日にへんなとこで右手薬指先を切りました。。
運転席から出ようとドア内側レバーを引いたとたん
ちくりとして見たら血が出て来たので
レバーを見るとシルバー色のコーティングが継ぎ目から
めくれていて、それで
カッターで切ったようになってしまいました。。
当分、指弾きの練習が出来ません。。
来月のサニーは指で弾くのに、、う====。。。

ところで、実験の続きです。
実験5、人生相談の法則、、、
ここのところいろんな人達の悩み事を興味深く聞く事が
続いていたので、自分の悩みの実験を忘れていました。。まぁ、いいや。

実験6はいんげん豆の種を買ってこなくてはならないので、
   とりあえずカットです。

実験7、魔法のダイエットの法則。

    ○あなたが摂取する食べ物はあなたの思考や言葉に
     敏感に反応する。

この本では世の中の存在全てがエネルギー体であるという前提があるので
食べ物もしかりということで、。
確かに同じように作っても
「愛情をこめなきゃだめよ!」といつも言ってる
おばあちゃんの料理はほんと、
愛情エネルギーか宿った料理だからか別格だもの、
食べたら元気になるものーーー。

これから3日間、
食べ物を口に入れる前に必ず愛情と感謝を込めて
その食べ物が
自分の体を健康で美しくしてくれることを期待する、
という実験です。

これは実験じゃなくてもずっと心がけたい事です、素晴らしい♪

↑このページのトップヘ