Rock Guitarist 岩下千絵&Rocker Nicoyan

NEWホームページ制作中♪ここからもいろいろ行けます↓

2016年09月

小林麻央さんのブログ
「KOKORO.」
私も読んでます。
こんなブログですよ、と説明する言葉を探しましたが
どれも陳腐で表現する言葉が見当たりませんでした。

http://ameblo.jp/maokobayashi0721/

麻央さんのブログを読む度に
生きることについて正す気持ちになるのですが、
病気や怪我で苦しんで治った経験のある方はとくに
普通に過ごせる事に感謝、となると思うのですが
私の場合だと
普通に呼吸が出来ること、
普通に歩けること
普通にお風呂に入れること、、、
そんな普通でいられることにあれほど感謝してたのに、
のど元過ぎれば熱さはすぐ忘れ、、、。

今、この命を使って何を表現しようか、
やっと形が見えて来ました♪

○青木さんと私の iron birds
○私歌、ゆりさんピアノ、青木さんギターの
 iron birds women ver.
○青木さんピアノと二胡によるインストver.

この3曲入りiron birds のシングルCDを
今年中に発売したいと思ってます。

にこやん、私、歌ってみるわ♪

「れんしゅうはいいかんじよ〜」
IMG_20160927_062718_20160927062843.jpg

そぉ? ^0^v

「もりつち」
今年の流行語大賞候補だとか^0^

もりつち、、、、

もりど、よりやはり

「もりつち」

こんなに注目される言葉になるとは、、、

もりつちもびっくりだろうな。


「空洞」

もイケますね、
大好きなゆらゆら帝国を思い出しました。

日本人って生真面目なイメージもありますが
浮世絵なんか見ても思いますが
美的センス、生真面目さ、ユーモア、繊細な技術と
世界的に見ても素晴らしい国民性だと思うのです。

お役所の人も固いイメージがありますが、
いやいや、この問題はすっとぼけ、では済まされまい、
元都知事が
「日本の技術力を持って」ともおっしゃってましたが、
「伏魔殿」ともおっしゃった、

各部署がぜーんぶ風呂敷を広げればいいだけの話し、
いつまでたってもそれをやらないので
(出してきたある資料はほとんど黒塗り)
憶測が飛び交い、、
談合社会とは良くいいますが、綺麗事だけじゃ物事
進まないことも判るのですが、
この問題はずさんの極地。

「この土地の汚染はそんなに簡単にいかないよ、
 それにそんな大変なことに大金かけるぐらいなら
 築地で建て替えでいいじゃないの、」

 とはならずに
がんとして、お金をかけて土地を綺麗にして
豊洲に移転したい理由があったみたいです。

私も森山さんのブログを以前から読んでいたのですが
最初は「もりつち」問題ではなかったのです。
森山さんがおおまかに説明してる動画がありました、
伏魔殿システムが見え隠れ。

昔読んだ田原総一郎さんの自伝の中に
唯一のパートナーに出逢えたことの
素晴らしさが綴られていたのですが、
ピアノのゆりさんもそんな結婚をしていて、
今日、ゆりさんと餃子を食べながら
ダヴィンチ コード好きならご存知かもしれませんが
イエスとマグダラのマリアもそうだったのよーと、
都市伝説や不思議話に花が咲き〜、。

さて、ゆりさんと私の音楽製作は3曲同時に手がけてまして、
二人とも仕事もあるし、彼女は主婦業もあるので
時間はかかっておりますが非常にいい感じで進行中です♪
私達は7月に出逢ったとたんに意気投合したのですが、
私はバンドの世界、彼女はセッションミュージシャン的な
活動スタイルだったので、音楽の捉え方や考え方など、
様々な違いを話し合い尊重し合いながら
楽しくやってます。

iron birdsのインストを作りたくて
ゆりさんにピアノアレンジをお願いしました。
先週、彼女の家で聞かせてもらったのですが、
あまりに美しい出来だったのでどうにも
ギターがつけられなかったのです。
それは女性的な深い悲しみを感じる音色ですぐに
中森明菜さんの歌(難破船)を思い出しました。
iron birdsが出来た時から明菜さんにも歌っていただきたい、
という思いがあったのですが、
このゆりさんのピアノに私が仮歌をつけて明菜さんに届けたいわ、、
と思い、ギターを止めて私がとりあえず歌ってみたのです。
歌いながら、私とゆりさんと同時に、、、
終わって何が起きたかと言うと、
二人とも泣いてました。
レコーダーで録っていたのでそれを聴いてみたのですが、
歌はヘタくそでピアノも未完なのですが、
二人でその音源を聞いてまた、泣いてました。
二人とも戦争で残された女性の気持ちを想っていたためでしょうか。

青木さんとのiron birdsは兵士の目線で、
私も戦闘機に乗る兵士を表現したギターを弾いたつもりだったのです。
ゆりさんとのiron birdsは完全に女性の目線で歌ってました。
男性側と女性側、両方の戦争の悲しみを表現出来たという、、
明菜さんに歌って欲しいと願いつつ、
まずは私、挑戦してみます。

月下美人さんから
夕方4時、香りが広がって来ました。
201609201551000.jpg

5時、おちょぼ口
201609201642000.jpg

7時、綺麗〜〜〜!!
201609202157000.jpg

深夜1時、、、もうしぼんできました。。
すんごいお花です。
つぼみ、2こ出てるし、、、
今年は狂い咲きで4度咲くのかな、
私が歌うのも狂い咲きになれるかな、、

先日どこかでこのままでは2030年までに鬱病の人が
50%になる、というデーターを見ました。
それはあくまで予測で、まぁ、
それぐらいの勢いで「鬱病」と診断される方が
増えているという事なのでしょうが、
「鬱病」の診断とは、、
自覚症状をお医者様がどう判断するか、、

なんでもかんでも
「○○病」と名前をつけて薬の売り上げにする闇もあるようですので
お医者様選びは慎重に、
「鬱病」の薬の長期使用による副作用の危険を訴えてる本も出てますので
お薬も慎重に、、、。

この世は間逆な感性を持ったもの同士が共存し
ストレス無い人のほうが特異体質とも言え、
「鬱」とは「楽しい」と同じように人間としてあたりまえの感情なので、
鬱状態のなんでもかんでもを「病」にしてしまわないように、、、

昔なら1ヶ月悩んでいたような問題が
今なら1日ですむ、という現象を思うと
私もこの年齢になって、おばさんがずうずうしくなるのが理解出来ます^^;

女性は強いですね、子供を産むのですから、
DNA的に強いのでしょうね、。
(全ての女性にあてはまるわけではありませんが)

メンタリスト ダイゴさんが
「悪口や批判を気にするのは、他人に自分の人生をコントロールされるということだ。」
とおっしゃってましたが、
まさに、おばさんとは他人に自分の人生をコントロールされない存在、と言えるかも、
(しつこいですが、全ての女性にあてはまるわけではありません)
同時に他人に迷惑をかけないように、注意もしなければなりませんね、
気をつけます。。。
ところでダイゴさんのマジック、凄いですよねー。

おふたりはいつも私をコントロールしながら
自分はコントロールされないわねぇ。

「は〜?わたしはいつもありのままですよ、」
「あぁ、、、、あいちゃんって、ねこのかがみだわ、、、」
201609141119000.jpg

↑このページのトップヘ