Rock Guitarist 岩下千絵のブログ

音楽、創作活動、不思議なこと、健康のこと、日常のこと、

2016年10月

ニュース、その1

先日、かおちゃん経由でくどさんのCD
いただきました^^
演奏は青木さんで
懐かしい曲が〜〜
この曲を聞くと小樽の長橋の青木家の
居間を思い出します^0^
というのはそこにあったテレビで
青木さんが歌っているビデオを見せてもらったからです。
そのタイトル曲とナイトのライブでも
くどさんが歌って人気のナイトの曲、
2曲も入ってました♪

ニュース その2

Facebookを見たら「知り合いかも?青木秀一」
と出て来たのでくまちゃんに聞いてみました。

「青木さん、Facebookはじめたの?」

「あぁ」

「写真も何も無いからなりすましかと思った〜」

「なんだそれ?」

「なんか、ネットの世界ではそういうのがあるみたいよ」

「へーー」

「私もよくわかってなくてやってるので
 詳しい人に教えてもらった方がいいよ」

と、逃げて来ました^^;

ニュース その3

で、青木さんのバンド@VASTの
2枚組アルバムもちゃくちゃくと進行中ですって!
いきなり2枚組って、なんて豪華な!
楽しみですね♪

ニュース その4

私が参加してるゆりさんの曲、
1曲はピアノメロをギターで弾いたら
ゲーリームーアな感じのインストになりました。
ゆりさんとはほんと、相性ばっちりです!
明日、初顔合わせのメンバーとリハです〜、
我々の息子といえる年齢の若者らしいので
楽しみなのです♪

ナイトのライブも計画中ですが、
タイミングが合ってくると
さくっと進むと思うのです。
松本さんもいつも素敵な人達に囲まれて
元気に活動されてるので
メンバーのみなさん、
とにかく、健康いちばんで、
私もナイトファンの一人として
その日を楽しみにしてます^^
IMG_20161029_083443_20161029083500.jpg

歌入れやら動画の編集やら
くまちゃんに怒鳴られるやら
いろいろ考えすぎて自問自答しつづけるやら
その他諸々で疲れきって
化粧も落とさず
パジャマにも着替えず
そのまま寝落ちすることが続き、
朝、ぼろぼろな感じでのっそり起きると
あいちゃんとにこやんと目が合い、
「おはよう〜」と言うと
「にやぁ〜」「うにゃっ」と呆れた顔をして言われるたびに、
女性としてこのままじゃいかん、、と思いつつ、あれ?
女性、と今、自分で発言して違和感があるのは何故だ。。
4年も恋愛してないせいかな。
恋愛すると世界はバラ色になります。
もう一度だけでいいのでバラ色になりたい。
80歳の近所のおばあちゃんに
「私はいまだにプロポーズされるわよ、
 諦めちゃだめよ!」と励まされてますので
死ぬまで希望は捨てません^^

さて、今度の日曜日はゆりさん製作中のアルバムに
2曲参加してるのですが、そのリハーサル、
あとくまちゃんにiron birdsのインストバージョンの
アレンジを聞いてもらいます。
ギター、レスポールライトを使うか、
千絵モデルか
GB10を使うか、どうしよっかなぁ〜と
思って目があったのが意外にも
やまはちゃんでした。
久しぶりに弾いてみると、
やまはちゃん、喜んでます、いい感じで出来てます♪

「あんた、よかったわね、
    すっかりおぶじぇだったもんね」
IMG_20161025_220937_20161026083735.jpg

あいちゃん、れいしちゅうですか、、、。

あいちゃんはやまはちゃんとしゃべってますが、
他にもこの部屋の中で何かをじっと見るんです。
視線で追うのですがその先には
私もにこやんにも何も見えてません。。。

iron birds women ver.完成しました♪
青木さんヴォーカルの1作目は兵士の気持ちでギターを弾き、
今回の私の歌は兵士を見送る女性の気持ちで歌いました。
ゆりさんの美しいピアノアレンジのおかげで
women ver.をつくろうと思いたち、
ワルツで歌ってみると曲がすっと女性らしくなり、
そして青木さんのギターで悲しみがより深くなりました。

今回の動画も私のオタク編集作品です。
16日、日曜日のミックスダウン終了後、
動画編集作業を始めるのでそれまでに
朝焼けの空を撮りたかったのです。
その1週間ぐらい前から
早朝の空を撮ってましたが、
寝過ごしたり二度寝したり、
朝焼けになるとも限らないし、で、
ずっと撮れずに16日の日曜の朝を迎え、、、
なんとその日、鳥さん風な綺麗な朝焼けが♪
私の誕生日だったので
いたずら天使からのプレゼントかなー^^

レコーディング音声を当てて動画編集開始。
1分〜8分の空の素材が10本、
綺麗なシーンを探して貼付けて、
空と同録の音声を消すの忘れてたら
あらっ!!鳥声さんがぴったりだったのでそのまま残しました。
さて、この動画では友情出演の鳥さんは何匹いるでしょうか?(笑)
よく見たら遠くでも飛んでたりしてます^^
偶然にしては綺麗に録れていて嬉しいです♪

作詩した時のイメージは、、、、
大切な人が戦場へ向かうその日は朝焼け、
若い兵士は当時「若鷲」と呼ばれていたので
iron birdsは戦闘機に乗り込んだ兵士。
戦後、瓦礫の街で亡き人を想う女性、
戦争の虚しさ
現在流れている平和な時間は彼の願い
朝露のように果敢なく逝った彼の思いを祈り伝え続ける、、、


中森明菜さんに歌って欲しい、、
彼女の悲しみを表現する歌唱が
iron birdsのイメージにぴったりだからです。
明菜さん以外にイメージに合う人がいなかったので
私が挑戦しました。

青木さんから歌の手直しを終えた時に
「いんじゃね、」
を聞けてほっとしました。
お聞き苦しい所もあるかと思いますが
心を込めて歌いました。

私の次なる作業は
ジャケットの絵とデザイン、
インストバージョンのギターアレンジです^0^
青木さん、すでにピアノ完成〜
二胡ちゃんの録音が月末なので
それを聞いて考えます♪

3バージョン入りCDと配信は12月発売予定です、
どうぞよろしくお願い致します^0^

私達の年代ではこんな顔、ぱんちパーマでボンタンをはいた
中高校生がたくさんいました、、、
ピコさんの衣装と合わせるとアースウィンド&ファイヤーの中にまぎれてても
違和感なさそうな感じもするし、浪速のトラック野郎にも見えるし
そのブラックミュージックの香りがする衣装にぴったりハマった
チープな音色とゆるくリズミカルな打ちこみと
ジェームス ブラウンからも出て来そうな歌詞

「I have a pen」、、

8時だよ、全員集合!で育った私には荒井注さんのギャグ、
「This is a pen—(これはペンです)」、と
わざわざ、そんな事、言うなーーーっ!という、
日常会話で使うはずも無い言葉を何故我々は
英語の最初の授業で習わされたのか、、、
ピコ太郎さんがそれを見事修正されたように
「I have a pen」!
ちんぴら顔で始まったのにもかかわらず、
いきなりおかまなダンスで
さらに当時を思い出す「apple」という単語がひらりと飛び出し、
何故、アップルにペンを刺すのだ??
さらにパイナップルも出すのか、、、
そしてやはりペンを刺して踊るのか、、、
なぜ、そんなにリズム感、いいんだ、、、?
何故、その顔で動きに軟弱さとオカマっぽさが入ってるんだ、、、?
違和感がありすぎるセンスから飛び出した
ペンパイナッポーアッポーペンという言葉のセンスの良さ、、
瞬時に引き込まれる作曲、音作り、リズム、、、まいったなー。

おおらかな余裕のある、
寸分の迷いの無いギャグ、
プロ中のプロ!と、思いました。

昨日はマイケル、
今日はピコ太郎、
ありがとう♪
私も迷いの無い作品を作るわっ!

で、貼付けるのは
アッポーペンより笑った
「ネオ サングラス」
おもちゃみたいなリズム、
何故、そんなにおもいっきり楽しそうに踊れるんだ?
しかもリズム感良くて。
どうしてそんなにすっきりした笑顔なんだ?
なんでそんなに自信たっぷりに「明るい〜」って言うんだ??
どうして「明るい」の発音に舌をまるめてるんだ?
ラストの意味不明な自然な動きはなんだ、、、
何回観ても笑える、、小学生になった気分〜♪

迷いが無いって素晴らしいね〜^^

私が歌うiron birdsの編集中の動画を
客観的に観てもらったのですが、
ダメ出しで
「こういう内容の歌は好きじゃない、
歌詞をわざわざ難しくしてる感じがするし、
歌ってる姿はヘタなのに自己陶酔だし、
テレビでやってるカラオケシロウトさんはほんと上手いよ!」
と感想を言ってくれたのですが、

「この物語にはこの言葉だったし、
この歌詞を伝えようとしたらこういう表情になっただけ、
歌は手直ししたい気持ちがあったので背中押してもらえたわ、
ありがとう」
と素直に言えたので
明日、数カ所歌い直してきます^^

先日言われた「歌はやめたほうがいい」
もアドバイスかもしれませんが、
その通りにするかしないかは
自分の腑に落ちたかどうかなんだな、と。
腑に落ちないアドバイスを実行してしまうと
他人の意見に振り回されるということになってしまい、
後で後悔するんでしょうね、
何事も最後に決めたのは自分なのだから、
上手く行かなかった時、
他人(アドバイス)のせいにしてはいけないよね。

出来る限り自分が納得する状態まで頑張る、
それが出来るのは
私の所にある今だけですもんね。
作品は自分の手から離れたら受け手のもの、
10人10色にそれぞれの心の中で変化するもの。


前にもブログに書いたのですが
マイケルの we are the world と
earth song  、、、、

大好きな友人から
「マイケルの曲の中で、この思想も曲も嫌いだ、」
と言われた時には数ヶ月混乱しまして。。。。
その人は音楽的にとても優秀で、哲学好きなプレイヤーだったので。
その時の私は「人、それぞれ」という事を
あまり理解していなかったんですね。

今、改めて曲を聴いたけど、
「つまらない」と言われてももう、混乱しないけど、
拒絶されるのはやはり淋しい、、、、
マイケルはこんなに素晴らしいのに。。
人の好きずきとはそういうものなんですよねぇ。。

しかし嫌いが好きに変化するのも一瞬だから
その人の好み、もう3年も逢ってないので
今はどう思うのか、もう一度聞いてみたいな、
好きか嫌いか。
人は変化し続けているので。




↑このページのトップヘ