Rock Guitarist 岩下千絵&Rocker Nicoyan

NEWホームページ制作中♪ここからもいろいろ行けます↓

つれづれ

グーグルドキュメントで作った我々の原稿を
電子データ化請負人がまずはwordに変換するようです。
本は横書きタイプの本です。まず、

○私が素人なためKindleビューワーでアップした時を想定して原稿を作っておりません、。
○それを調整するのがデータ化請負人の仕事ですが、
彼が良かれと思ってやった調整、、例えば
改行した文頭に「必ず」1文字分の空白を入れるという、、、

この影響で対談形式で短い会話も多い我々の原稿はビューワーでアップした時に
左側縦ラインがかなりの凸凹になってしまいます、、、

「文頭の空白につきましては、当方の作業です。
電子書籍には強制改行しない限り改行という概念がないので、改行する前の文章の始まりは原稿作成の原則として空白を入れております。」

なるほど。
シロウトの私は「出来ましたのでご確認ください」と送られてきたものが
あまりに文列もスペースもバラバラで読みにくく、この凸凹の意味もわからず、。
「この文頭の1文字スペースは私の原稿にはありませんが、原稿をwaodに変換すると自動的についてしまうのでしょうか?」とお聞きしたところ先の回答です。

「空白が気になるようでしたら、文頭の空白は削除可能です。」
とのこと、、、
削除可能なのか、、、しかし
「改行するには空けなければならない」とおっしゃってるのに?

で、この状況は気にならない方が不思議だと、、
例えるなら
「これで食べられる状態になりました」で満足してる人と
「キレににお皿に並べて食べてもらいたい、」と思ってる人の、
感覚の違い、と言いましょうか。。。

ここで「ただ、データ化出来る人に頼めばいい」というものではなく、
「さらに文章を並べるセンスも持ってる」事も必要と気づきました。

ところで、空白削除対応すると文章が改行されないのではないか?というギモンが、、、。
他の方の書籍を見ると左が揃って改行もされてる本があります。うーん、、。

これは誰にでも言えますが、現代はアップデートのスピードが早すぎてそれに乗れてないことに気づかないことがあります。
今は自動運転、少し前のやり方は「車」ちょっと一息ついてたらもう、「人力車」になってしまう感じですよね、、。

最近、始めたばかりのワードプレスとかイラストレーションでも起こります。
ググってよし、やり方わかった!と思ってたらその情報はとっくに古かった、、
なんてことが続いて、、、ちかれ気味です。。
自分が習得した技術を「良し」と思い、他人に伝授、
作業してたら「あれれれ」となって、
お互い「あら、技術が進化してる!」と気づく、
これがKindle出版についても起こってます、。

問題の原因がわかったので
あとは解消する技術とやる気があるかどうか、、、、
で、やってくださるそうです。

私は無知なのでこのような問題が起こるたびに
とても勉強にもなります〜、でもちかれた。。。
いろいろいっぺんにやりすぎちゃいました。。。ふぅ。。

さてこれからビューワーを想定して最初から原稿修正です、、
しかし100均のピンホールメガネがなかったら
今頃、いや、とっくに私、ダウンしておりました。。。
老眼鏡ですぐ目が疲れる方、これ、
家で使うにはホントいいですよ〜〜!
いや、最近はこれでカフェでも本、読んでます。。

「他人の目など気にするな、
 誰もお前のことなど見ていないbyホリエモン」、

ハイ、おっしゃる通りです。
私、もう手放せません、これ。

IMG_20180904_134628_20180904134700

私、この10月で55歳です。結婚を考えた方とも結局、一度もせずに、
なので子供もおらず、同居家族は猫のあいちゃんとにこやんです。

中学まではどこにでもいる普通の子供だったと思ってますが、
高校に入ると同時に父親の仕事の都合で両親と弟とは別居となってしまい、
実家で業務連絡しか会話しない、仲は悪くない姉と二人で暮らしてました。
なのでその環境から自分の本質が本領発揮されたようです、
なんでも自分で決めてなんでも自分でやる環境、
おまけに勉強と学校にはまるで興味がなく、
高校卒業したら好きなことで稼ぐ!と思ってました。

好きなことをやるには資金が必要なのでどこかに就職しなきゃ、と、
当時、車が大好きだったので「車の会社がいいなぁ、」と思っていましたら、
親族に札幌日産に勤めてる方がいて、
そこを受けたら入社できました(コネがあったのかもしれませんね、笑)。

私の会社での目標は資金稼ぎだったので、会社の事務の仕事をきっちりこなして
5時のベルと同時に更衣室に直行してたのですが、
着替えてても誰も来ません。。
「なんでだ?みんな帰らないの?」とも思いません、
会社のことなど、5時のベルと同時に切り替え、
「よし!帰ってギターコピーするぞ!」みたいな感じでした。

そのうち、経理の大奥さんをはじめ、
勤続年数に関わらず女子社員が私の後を続いたのか、
1年もすると更衣室が混雑してきました。

その様子が会社としては良からぬ事態に見えたのかどうかはわかりませんが、
総務部長に呼び出され「岩下さん、小樽支店に移動してください」と。

実家が小樽なので「良かれと思った」のかもしれません。
ですが私は札幌の街を経由して家に帰ることが気に入ってましたし、
当時は見積書を「和文タイプライター」という、
英文タイプとは違い、漢字、一個づつ敷き詰められたデカイ機械を使って一文字づつ、
ガチャこんっ!と文章を打ってたんですね、恐ろしいですね、、。
で、一回間違うと修正インクを使うことが許されなかったので
最初からやり直し、、、
(いや、修正インク、ありだったかもしれませんが、私が許せなかった)

やり方を覚えた私はノーミスでハイスピードで打つことに快感がありまして、、
なので札幌に通勤したいのとその部署を離れるのが嫌だったので
転勤はお断りしました。(新人女子社員ではありえない態度かもです)
すると「会社」と言う組織は何を考えてるのでしょう、
同じ建物内の残業が必須の超忙しい部署の女の子と私をトレードしたんですよ。
いや、確かに私の望みは「札幌経由」だったので、。。
彼女とお互いの技術&仕事をトレードすると言う無駄、、、
5時に直帰は無理になってしまいました。。(彼女は残業から救われました)
なので即、会社を辞めて札幌駅近くのトヨタレンタリースのバイトに行きました。
そこは会社の空気が素晴らしく良く、
1年もすると「岩下さん、社員にならないか」と言っていただけたほどです。
ですが自由を選んで2年ほどでバンド活動が忙しくなって辞めました。

私は昭和の人なので友人も昭和の人、おじいちゃん?多いです。
ですがどうも、話が炎上してしまいます。。。
ふと、気が付いたのですが、私の生き方がまるで最近の
「好きなことで生きる」だったので今の若い経営者の考えに共感できるのですが、
友人たちから
「昔の方がずっと精神的には豊かだった」
「日本は大切な物を失った、「喪失感」がある」
「彼らは拝金主義」
「楽して稼ぐと言う陳腐な発想」
などと言われると「ちょっと違うんでない?」と、
自分の考えをばばばバーーっと喋ってしまいます。

なるほど、そこか、、

お互い相手を尊重してれば「結局はご自由に」と言うことで喧嘩別れにはなりませんが。

「相手を(も)尊重」してれば、これ、ポイントですよねっ!
34640546_10212211315741343_8648282036248772608_n

私の気管支喘息改善本のKindle書籍化データ変換と表紙デザインを
「ココナラ」サイトに登録している個人の方にお願いしました。

たまたま友人が「ココナラ凄いよ!見て見て〜」と教えてくれたのがきっかけです。
ちょうど、とある株式会社に
「データ化は1冊¥25,000からですが法人さんだけで個人さんはやっておりません」と電話に出た不機嫌そうな社員さんに断られたばかりでした。

早速ココナラサイトに飛びましたらいらっしゃいました、
「電子書籍、データ化します」数名。
直感で良さげな人を選んでフェイスブックやツイッターもチェック、
信頼できる人だとすぐにわかっておまけに料金が¥500です!
ココナラのシステムは追加報酬制度もあるようで、
しっかりお仕事していただけたら¥500では申し訳ないので追加します!
親切な方で色々と順調に進んでます〜♪

プロの書籍表紙デザイナーさんもいらしてもう出来上がりました!
理想をはるかに超えた出来栄えです〜〜!
こちらも数千円から何人かいらっしゃいます。

無事に取引が進んで思うことはひと昔前はスッキリしたデザイン名刺やホームページに
「株式会社」とあると信用できそう、と思ってしまいましたが
今回、株式会社の看板はあっても顔の見えないぶっきらぼうな社員さんにお願いするより、
活動をさらけ出して人柄を見せながらお仕事されてる個人さんの方が圧倒的に信用できて頼みやすいと思いました、しかも安い!

さらにココナラのシステムは支払いからやりとりまでものすごくスムーズです、
よくできてます!
「ココナラ」で稼げる人、ますます増えると実感、信用が可視化されるとお仕事に繋がる、ということですよね!

アイディアと行動力さえあれば、、、、
ゆるキャラ描きます!コピー考えます!代筆します!占います!計算します!掃除します!教えます!、、、色々ありますよね、
誰かに役に立つサービスを提供、得意なことで個人で稼げる時代〜〜 (☆▽☆)

頼む方は可視化されてる活動が詐欺では無いことを
確かめてからですね d(*゚ー゚*)

楽しそうに歌う、とぶくろのじょおう、あいちゃん。
「にーっぽんのみらいはうぉうおうおぉうおう〜♪」

IMG_20180819_163140_20180821125451





最近、私が箕輪さんや前澤さんの話をすると
「みんなホリエモンの仲間のようなもんでしょ」
と不快感を見せるおじさまたちがちらほら。
数人から同じ言葉を聞いたうえに、ホリエモンの悪い噂?事実??
エピソードを教えてくれました。

本人が直接言った事じゃないと信じられないのが噂話です。
私も先日、尾ひれがたくさんついた私も出てくる話を
「ホントですか?」と確認され、
「半分、あってます。」と答えたばかりです、。

人生とっくに折り返している私が振り返って思うことは、
人間とは、まず、
「バカだけど複雑で素晴らしい多面体」という前提を忘れないようにしようと思う昨今であります。

どんな人も過去に色々持ってますよね、。
今、その人が見せてくれる「情熱」とは
その人の経験の上に今、放たれてるものなので、
今、何に情熱を持っているのか?
私は彼らの情熱が素敵に見えるので興味を惹かれます。

多面体ですから、本当にいろんな顔、持ってる、
「だけど、こんなことをして来た人間は人としてもう、許せない、」と、
嫌いになる人はやはりいるし、
また、人を許せるポイントは受け手の経験にもよるかもしれません。

私も10~40代の頃を振り返ると
今ではありえないことを平気でやってたり、
今となっては許せない行動や考えもあったり、
そんな自分を反省しながら前に進み、
「罪を憎んで人を憎まずを」都合のいい時に引っ張り出して、
ついにはそんな自分を許して来たので
(許さないと前に進めなかった)
他人に対しても許せることが多いというか、
自分のことを棚に上げてはなかなか言えませんで。。。

優秀な人は子供の頃から相手の気持ちに寄り添える、、
優しさに秀でると書いて優秀ですもんね、、、
私には無理だったので神様は苦い運命を用意したんだろうなぁ、
と思ったりします。

自分さえその気になればどんな経験からも
何かを得る事が出来ますもんね。
失敗から得るものってホント、大きいと実感してます。

あのおじさまは彼らの本気の情熱を感じても「嫌い」って言うかな、
今度、聞いてみようかな、、
ま、いっか、、ご縁があれば繋がるのでしょう〜。

(Rocker,,,cが抜けてるのはワザとではありません、今、気づきました。。)

img002

Rocker Nicoyanのポリシーは「大田区からLove & Peace,お届け〜♪」
なのですが、昨夜、大田区の花火を見に行ったら
これまた大田区ブラボーで、
これでもか花火の大量投下が40分続きました。
おまけに仕掛け花火の文字が
「大田区平和都市宣言」だったんです!
大田区公認キャラクター、はねぴょんの人気を飛び越えて
非公認キャラのNicoyanが羽ばたく予感に、
よし! となったわけです。

Love & Peaceを「古い」だの「ダサい」だの言ってたおっさんさん、
今の時代のおじさんの代表のようなZOZOスーツの
前澤社長だってこんなこと言ってますよ、

「それで本を出すことにしました。僕のやっていること全てが世界平和のためだという、突っ込みどころ満載の本です。会社も仕事もアートも買い物も恋も全て。」

幻冬社の箕輪さんだってテレビで「LOVE & PEACE]と
でかでかと書かれたTシャツ着てましたよっ、
何が古い、ダサいじゃ、、

いや、、人は好きか嫌いかの生き物ですから、
いろんなご意見もご感想もありがたいです。

ところで、宣言するとそっちの情報が目についてきます、
引き寄せの法則、というのはこういうことでもあるんでしょうかね。

言葉にすると勝手に、そこに力が生まれる感じがします。

明日は私とは大荒れ模様の63歳大田区派遣無料コンサルさんとの
3回目の対談です、楽しみです^v^

写真は使わないのに出されるとついもらってしまった
(いや、こうして使えました!)
はねぴょんが活躍するうちわ、
花火会場でいただきました。
IMG_20180816_110250_20180816110514





↑このページのトップヘ