Rock Guitarist 岩下千絵&Rocker Nicoyan

NEWホームページ制作中♪ここからもいろいろ行けます↓

音楽

Twitterでほとんどつぶやかないけど、あまりに衝撃で叫んじゃいました、いや、このバンド、
情弱な私は昨日、フェイスブックで知ったのですが
凄すぎて震えました、、
このサウンドはあのバンドの専売特許だったのに、そんなのかんけーねー、とはまさにこの音の強烈な勢いが証明、
おまけにVoとGが23歳双子、ベースも兄弟で18歳、その友達のドラムも18歳って、全てがいたずら天使の仕業、って、言いたくなる奇跡ですよ、、
もう、何聴いても「似てる」を無視してスゲーー!!しか出てきません。。。
若さ、その強烈な情熱が有無を言わせません、ってか、
皆さんも是非聴いてみて♡



昨日ネットニュースで100万ダウンロードというのを読んで
早速聞いてみました。
「アイネクライネ」を知ったのは2年ぐらい前ですが、
それから米津さんの才能の凄さに驚いてばかりでした。
今回も期待してYouTubeを見たのですが
MVの二人の美しさと曲の素敵さに1日中リピートです。
これはわたしの勝手な想像ですが、
教会で彼女が好きだった黒いハイヒールを履いて
亡くなった彼女のことを思う、
そこにいるのは
彼女の亡霊。。。。

「こんなもんでいいだろう」という姿勢を嫌う米津さんがつくった、
後半のまっすぐなカメラ目線、その姿から滲み出るもの、、。
ダンサーの女性の表現も、あまりに素敵で見入ってしまいます。。。
人によってはこれも「邪心」に見える人、
「純粋」と言う人、それぞれいるかもしれないけど
少なくとも彼が「こんなもんでいいだろう」と作ったものではないと。









ジュリアンの大好きな曲がユーチュー開いたら出て来ました。
ライブ会場のスタイルや電球も素敵〜♪
こんな風に身体と一体になってギター弾きたいなぁ、と
いつも思っているのに練習しない自分、、、
心の底からそう思ってないのかな、
自堕落なだけかな、
他にやりたいことが多過ぎるからかな、、
昨日、あおきさんと電話でしゃべっていて「器用貧乏」と
「ひとつのこと馬鹿(いい意味で)」の話しになって、
例えばジェフベックなんてそれこそギターは身体の一部というぐらいに
日常生活でギターを離さないみたいです。
私はずっと憧れてますが。。
わたしがなりたい自分になるには
そのような生活が出来るかどうかで、、、
うーん、、、憧れてても出来ないんだよなぁ。。。

それでもいつかはそんな風に演奏できるといいなー♪
今年の2月に観た生ジュリアンはまさにこのまんまです、
ジュリアンの曲は私にとって難解?でぴんとこない曲も多いのですが
この曲、ギターはね、もう、
いやぁ〜、、はぁ、、やばいなー、って聴くたびにつぶやいてます。
前にも同じ事言ってるね、、。





世の中が戦争モードになってから
聞きたくなる音楽がジョンフルシアンテのソロばかりです。
ドラック系のではなく、
ジョンのギターも歌もバンドも生っぽくシンプル、
ドンガマ無しでライブ録りしたような音が好きです。
すぐ、そこにいるみたいで。
「上手いだろ、凄いだろ、これ、かっこいいだろ!」
というロックアーティストならではの
自意識みたいなものが
ジョンにはまったく感じない、、、
レッチリの頃から。
ありのまま表現してるだけ、という感じがして、。
まんまが恐ろしくかっこいい人。
歌声があまりにもリアルで素直で
ぐっときます。。。
もちろんギタリストとしても
いちばん大好きです。












 

↑このページのトップヘ